クラスター速報

クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

    クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

    ワクチン

    1: 女性37人に救済制度を適用、医療費など支給へ 

     厚生労働省は13日、新型コロナウイルスワクチンを接種した後に急性アレルギー反応のアナフィラキシーなどの症状があった21~87歳の女性37人に対して、症状は接種が原因と認定し、医療費などを支給することを決めた。

     この日開かれた厚労省の有識者検討会で、救済制度の適用を求めた37人の審査が行われ、全員が認定された。同省は医療費の自己負担分と医療手当(月額3万5000~3万7000円)の給付手続きを進める。

     厚労省の副反応疑い報告によると、8月22日までの時点で、米ファイザー製のワクチンで国際基準に該当するアナフィラキシーは男性42人に対し女性は396人、米モデルナ製では男性7人に対し女性は18人と、女性の方が起きやすい傾向がある。

    読売新聞 9/13(月) 20:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210913-00050143-yom-hlth
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210913-00050143-yom-000-2-view.jpg



    【【ワクチン接種後死亡例にはふれず】アナフィラキシー、ワクチン接種が原因と認定…女性37人に救済制度を適用、医療費など支給へ】の続きを読む

    b70d1a38ca826ef00d546dd5b4f9f44f_t



    1: フィリピンで200人以上の子供が接種後ADEで死亡→デング熱ワクチンの話でした
    世界でもっとも早くワクチン接種を実施したイスラエルからの、「感染を防ぐ効果が6カ月で約60%、7カ月後には40%にまで低下した」という報告が世界を不安に陥れている。また同国では、入院患者の60%がワクチン接種済みであるというレポートもある。その結果、同国ではすでに3回目の接種をスタートした。

    しかし、同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増。7~8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もある。突然変異はランダムに生じますが、ワクチン接種が進めば、ワクチンに抵抗性のある変異ウイルスが「選択」されるようになります。ウイルスはDNA型とRNA型に大別されますが、コロナウイルスはRNA型ウイルスです。

    変異株を追いかけるようにワクチンを投与しても堂々めぐり

    時間の経過とともに感染力が高い変異型が選択されますが、ワクチン接種が進むと、ワクチン回避効果の高い変異型が増えていきます。感染規模が小さければ変異型ウイルスに対応したワクチンの開発が追いつきますが、既に1億人以上に拡大、実際には数億人規模まで拡大している可能性も高く、多数の変異株が世界中で出現する可能性が大です。

    収束させるには、実際の(生の)ウイルスでの感染が拡大し集団免疫に到達するか、特効薬の普及が必須です。

    変異確率の高いRNA型ウイルスで起きたパンデミックをワクチンで収束させることは、困難であって、変異株を追いかけるようにワクチンを投与しても堂々めぐりとなり、収束は望めないという前提で、新しい抗体の開発に取り組みました。すでに細胞レベルの実験で高い中和活性を確認しており、今後、国際的臨床試験を開始する予定です。ウイルスの感染は、スパイクタンパク質(ウイルス側の因子)とACE2タンパク質が結合したときに起きます。感染を防ぐには、ACE2タンパク質とスパイクタンパク質の二つがターゲットになります。ACE2タンパク質は、新型コロナウイルスが感染する際の受容体、スパイクタンパク質は、ウイルス表面のトゲトゲした突起の部分です。ACE2は宿主細胞(ウイルスに感染するヒトの細胞)側の因子なので、その抗体は、すべての変異ウイルスの侵入を阻害できます。しかし、ACE2タンパク質に結合してウイルスの侵入を防ぐ抗体の作成は非常に難しく、今回が初めてとなります。

    なぜ、新型コロナウイルスワクチンは副反応が強いか

    ちなみに、従来のワクチンは毒性を排除した抗原を使用してきましたが、新型コロナワクチンで抗原として用いているスパイクタンパク質そのものが「毒素」であるという論文が既に発表されています。そのためにワクチン接種後に強い副反応がひきおこされている可能性があります。

    このような「スパイクタンパク質の全体」を抗原とすることにより、ワクチン接種者の中には抗体依存的感染増強(ADE)により重症化するという人が出てくる可能性が考えられます。実際、RNA型ウイルスの「デング熱」では、フィリピンで、200人以上の子供がワクチン接種後、ADEで死亡するという悲劇が起きています。

    村上康文◎東京理科大学名誉教授。東京大学薬学系研究科薬学専攻。東京大学大学院修了後、米国・ニューヨークスローンケタリング記念癌研究センターにて、3種のウイルス(SV40, アデノウイルス、ポリオーマウイルス)の研究に従事。癌ウイルス2種類の宿主域がDNA複製プロセスにあることを世界で初めて証明する。アルバータアインシュタイン医科大学(ニューヨーク)にてモノクローナル抗体作製法を習得。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/43274/1/1/1
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631314086/

    【新型コロナ】ワクチン先進国のイスラエル、新規感染者が1万1000人を超え過去最多★7 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1630670273/
    【イスラエル】4次ブースターショット(追加接種)の準備を。今後、新型コロナワクチン接種は私たちの生活★2 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631173775/

    【新コロワクチン】接種率78%「イスラエル」で死亡者増加、何故なんだ!→早い段階で接種を済ませた人の重症化リスクが高まった★4 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1629857637/

    【新型コロナ】ワクチンにより免疫がスパイクタンパクに対する抗体だけに偏っているとADEを起こす可能性はより高くなる [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1630726373/

    【スーパーコロナ人】ロックフェラー大学が発表 新型コロナ自然感染後、mRNAワクチン接種した一部の人、スーパーヒューマン当選★2 [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631187712/

    【【ぞっとするワクチンの話】同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増 フィリピンで200人以上の子供が接種後ADEで死亡】の続きを読む

    ff5b097773c3c225710b07f9b4c8bacd_1



    1: ロストワクチンの謎
    後先考えず「打ちまくれ」と菅政権がハッパをかける一方、あるはずのワクチンが「消える」奇妙な事態が起きている。
    接種を受けたくとも受けられない人が大多数の中、いったい何が起きているのか。発売中の『週刊現代』が特集する。

    いわゆる「2回目難民」――。兵庫県に住む60代の女性が嘆く。

    「1回目は大阪の大規模接種センターに行きました。主人は早々に2回目の接種を受けたのですが、私はパートの都合で2回目をキャンセルしたんです。
    すると、自治体も近くの病院も受け付けを締め切ってしまって……」

    1回目の予約すらままならない人も、まだ大勢いる。愛知県に住む50代の男性は、自治体の集団接種を逃してしまった。
    不定期で公開される追加枠を予約しようとしても、毎回外れるという。

    「自治体が指定している病院やクリニックにも片っ端から電話しているのですが、間が悪いせいか全く予約が取れない。
    勤め先が小さいので、職域接種も期待できません」

    コロナワクチンを打てない人々の悲鳴が、全国で上がっている。7月15日時点で、一度でも接種を受けた人の割合は国民の3割、約4000万人にすぎない。
    残る9000万人弱は待ちぼうけを食っているのである。

    だがその一方、なんの苦労もなく接種を受けられた人もいる。東京に本社をおく、東証一部上場の証券会社社員(50代)は、家族も一緒に勤め先で打ってもらった。

    「弊社は6月の職域接種募集開始の直後に申請を出しました。東京本社の社員・従業員と申し込みがあった二親等以内の家族、約2000人分のワクチンを確保できた」

    神奈川県に住む70代の女性は、知り合いの医者から、まるで「営業」のような電話がかかってきて驚いたという。

    「1回目は行政が指定した病院で受けたのですが、先日の夕方、『ワクチンが余ったから、今日これから打ちに来ませんか』と連絡があったんです。
    2回目の予約がまだ取れてなかったから、すぐ打ってもらうことにしました」

    これだけ「ワクチンが足りない」と言われている中で、むしろ余剰を抱えているところさえ存在するということだ。

    ワクチンはいったい、どこへ消えているのか? 

    医療機関や自治体の集団接種会場で使われているファイザー製ワクチンの供給見通しについて、田村憲久厚労大臣は7月11日、こう豪語した。
    「6月までに1億回分が入ってきた。さらに9月までには、7000万回分が追加で到着する」

    だが、千葉県のある中規模自治体のワクチン接種担当課長は、この発言は到底信じがたいと語る。

    「6月最終週の第8クール(注・「クール」は国からワクチンが供給される期間の区切りを指す)まではこちらが要求した数の9割が届いていましたが、
    第9クールからほぼ半減し、第10クールの入荷は予定のわずか2割でした」

    もともとファイザー製のワクチンは、7月以降は世界的な需要の増加で供給量が減ると予想されていた。
    そのため、入荷数がいま減っていること自体は不自然ではない。

    問題は「6月までに1億回分が入ってきた」にもかかわらず、現時点で総計およそ6000万回しか接種できておらず、
    4000万回分が行方知れずになっているということだ。

    考えられるのは、全国の医療機関が2回目の接種に備えている可能性である。
    前出の自治体担当課長によると、地域の病院では、ワクチンをあえて余らせることが常態化しているという。

    「2回目を確実に接種できるように、1回目の接種をした人数と同じだけのワクチンをプールしているわけです。

    国はこれまで『ワクチンはどんどん届くから、2回目に使う分をとっておかなくても大丈夫』と言っていましたが、実際は供給量が激減した。
    2回目が受けられない人が続出すれば大問題ですから、致し方ない対応です」

    おそらく全国でも、このように2回分を「1人前」とカウントしている医療機関が大多数だろう。そのぶん新規の接種が減っているというわけだ。

    だが、ここで新たな疑問が生じる。こうして医療機関が接種数を絞っているのに、なぜ前出の女性のように
    「ツテのある病院で打ってもらった」という事例がちらほら聞こえてくるのだろうか。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e4602bd571e1e54725688cd94980414944f05cb

    【【ロストワクチン】 コロナワクチンを打てない人々の悲鳴が、全国で上がっている 追跡! ワクチンはどこへ消えているのか 消えたワクチン】の続きを読む

    0198-free-illust-m


    1: またしても五輪ファースト
     国際オリンピック委員会(IOC)は6日、東京オリンピック・パラリンピックの各国・地域選手団に対し、
    米ファイザー社から新型コロナウイルスのワクチンの提供を受けることで合意したと発表した。日本選手団も対象に含まれる。

     既に選手への接種を始めている国もあり、ワクチンが行き渡らない国・地域が対象になる。
    IOCはワクチン接種を参加の義務にはしていないが、推奨してきた。【松本晃】
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c908b2e6591974ec3f8be468014bf1e4ec1c2c7d

    【【またしても五輪ファースト ワクチン争奪戦始まる】日本を含む全世界の五輪選手団にファイザー製ワクチン提供が決定 安心安全の五輪開催へ】の続きを読む

    このページのトップヘ