クラスター速報

クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

    クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

    ワクチン

    Opera スナップショット_2021-12-14_152718_twitter.com


    1: オミクロン株 初の死者 予約不要のワクチンセンターで行列3時間待ち 
    イギリスで、変異した新型コロナウイルス「オミクロン株」による初めての死者が確認された。

    ジョンソン首相は13日、オミクロン株の感染者少なくとも1人が死亡したことを明らかにした。
    そのうえで、「オミクロン株に軽症が多いという考え方は、いったん忘れるべきだ」と述べ、
    月末までに、すべての対象者への追加接種を終わらせたい考えを示した。

    イギリスでは、13日から、18歳以上の市民全員の追加接種が可能になり、予約がいらないワクチンセンターが設置された。
    ビッグベンの前にある病院にできたワクチンセンターには早速、大勢の人が詰めかけ、行列ができている

    接種に来た市民「半年前に2回目を接種したから追加接種に来た」、「3時間待ちだけど、その価値がある」

    イギリスでは、これまでに5,000人近くのオミクロン株感染者が確認されている。

    ジャビド保健相は、「ロンドンの感染者の44%以上を占めていて、近く主流になるだろう」と警戒を強めている。
    https://www.fnn.jp/articles/-/284746

    【【イギリス オミクロンパニック】オミクロン株 初の死者 予約不要のワクチンセンターで行列3時間待ち】の続きを読む

    1: ブースター接種が決まったようです
    新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、厚生労働省の専門家の分科会は28日、2回目の接種を終えた人全員を対象とする方針で一致しました。

    分科会は、来月にも改めて会合を開いて方針を正式に決める予定です。

    これを受け、厚生労働省はことし12月に医療従事者から順次、3回目の接種を始める方針です。

    2021年10月28日 17時58分 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211028/k10013326011000.html
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635434913/


    【【速報】ワクチン3回目接種 対象は2回接種終えた“全員” 副反応は大丈夫???】の続きを読む

    1: 「厚労省が注意喚起」 接種後の心筋炎、初期症状の見分け方とは
    厚労省が10月15日、「新型コロナワクチンを接種した後、心筋炎・心膜炎の発症事例が報告されている」とHPで注意喚起を始めた。

    接種後の死亡という事例で記憶に新しいのは、プロ野球の中日ドラゴンズ・木下雄介投手のケースだ。
    6月28日にコロナワクチンの1回目の接種を受け、7月6日の練習中に息苦しさを訴えて緊急入院、8月3日に死去した(享年27)と報道されている。

    詳細な病名や症状の経過は非公開だけに、多くの人が気になっているニュースではないだろうか。


    mRNAワクチンは今回のコロナ禍で初めて実用化されたタイプのワクチンである。
    コロナウイルス表面にあるトゲトゲ部分の設計図となるメッセンジャーリボ核酸(mesenger Ribo-Nucleic acid:mRNA)を脂質膜で包んだ製剤である。

    このmRNAワクチンを接種すると、人体内ではmRNAを基にウイルス表面のトゲトゲが産生され、さらにトゲトゲに対する抗体も産生されるので、コロナウイルスへの免疫を獲得できる。
    ウイルスそのものを注射しているわけではないので接種してもコロナ感染することはなく、接種後数日間で分解されるので人間のDNAに組み込まれることはない。

    なお、開発者のカタリン・カリコ氏はハンガリーから米国へ移民した女性研究者であり、mRNAワクチンの実用化でノーベル医学生理学賞が確実視されているが、2021年の選考には間に合わなかったようだ。


    心筋炎・心膜炎とは耳慣れない病気だが、心臓の筋肉の炎症を「心筋炎」、心臓を包む膜の炎症を「心膜炎」という。
    心臓の血管が詰まって心筋が動かなくなる「心筋梗塞」、心臓の筋肉が徐々に衰えてゆく「心筋症」とは別の病気である。

    ワクチン後心筋炎の大部分は軽症であり、自然に軽快する。またワクチンを打たずにコロナ感染した場合の心筋炎発生率よりも、ワクチン後の心筋炎のほうが頻度も低い。
    よって、心筋炎のリスクを考えても、ワクチン接種そのものを回避する必要はない。


    心筋炎の初期症状は、「発熱」「胸や背中の痛み」「全身の倦怠感」などであり、悩ましいことに「一般的なワクチン副反応」との区別が困難である。
    しかしながら、コロナワクチン接種後に以下のような症状が見られた場合には、心筋炎・心膜炎を疑って専門機関に相談すべきだろう。

    1:接種後2日目以降に体調が悪化
    一般的なコロナワクチン副反応は接種当日夜から翌日をピークに軽快することが多い。
    2日目以降に「だんだん体が重くなる」「胸が痛くなってきた」など体調が悪化していく場合は、副反応以外の病気を疑うサインのひとつである。

    2:安静にしても心拍数が多い
    心筋炎で心臓の拍出力が弱ってくると、生体バランスが働き、心拍数が上がることが多い。普段の心拍数を把握しておき、2割以上高い場合は要注意である。

    3:むくみ、静脈がくっきり見える
    心不全では心臓のポンプ機能が低下するので、静脈に血液がたまりやすくなり、顔や足がむくんだり、手足や頸くびの血管がくっきり見えたりすることが多い。履きなれた靴がスルッと入らないこともある。

    4:階段を上れない、転倒、失禁
    健康な成人なら発熱時でも「コンビニで買い物」くらいは可能である。しかし、心不全が絡むと「階段を上れない」「トイレに行くだけで倒れる」「尿失禁」のように活動レベルが著しく低下することが多い。

    5:ピンク色の水っぽい痰たん
    一般的な咳だと、痰は黄緑っぽいことが多い。だが、心不全の痰は「肺に水がたまる(肺水腫)」ことによる痰なので、ピンク色の水っぽい痰となる。病院受診すべきサインである。

    6:脈がとぶ(不整脈)
    心筋炎・心膜炎や心不全が進行すると、不整脈が出現することがある。1~5に加えて不整脈が出現したら、救急車をコールしてでも病院受診すべき緊急事態である。

    1~3のうち複数、あるいは4~6が単独でも症状が確認できたら、ワクチン副反応相談センターへの電話相談、もしくは病院受診が勧められる。

    病院を受診する場合は、ワクチン接種を受けた施設には固執せず、循環器内科があり心臓超音波検査(心エコー図検査)の可能な施設がおすすめである。
    胸にゼリーを塗って、超音波で心臓の動きを確認する検査であり、痛みや食事制限もない。受診前に電話などで確認しておきたい。


    2021/10/20 11:00
    https://president.jp/articles/-/51084

    2021/10/24(日) 21:23:23.96~
    前スレ
    【ワクチン】「厚労省が注意喚起」 接種後の心筋炎、初期症状の見分け方とは ★10 [haru★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635164203/

    【【ワクチン】「厚労省が注意喚起」 接種後の心筋炎、初期症状の見分け方とは 】の続きを読む

    1: 世界も注目コロナ激減の日本の謎
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英紙報道

    10/18(月) 18:28配信
    ニューズウィーク日本版

    ──ワクチン接種とマスク着用が貢献か。デルタ株固有の特性だとみる専門家も

    「日本では驚くべきことが起きた」とガーディアン紙

    国内の新型コロナウイルスの新規感染者数は現在、1日あたり500人から1000人程度で推移している。8月20日には2万5000人超を記録したが、それ以降急速な減少をみせてきた。ピーク時のおよそ2%にまで減少した計算になる。

    データ:世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

    この劇的な変化について英ガーディアン紙が10月13日、『瀬戸際からの復活:日本が新型コロナの驚くべき成功例になった理由』と題する記事を掲載し、目を見張る状況の変化であると報じた。

    記事は8月前後の最悪期の混乱を振り返り、病床不足によって自宅療養を余儀なくされる人々が現れたと述べる。また、当時の菅首相が五輪開催を強行したために支持率の低下と退陣を招いたほか、首都近郊の緊急事態宣言を長期化させる要因にもなったとも論じている。

    そのうえで閉会後2ヶ月のあいだに「日本では驚くべきことが起きた」と述べ、東京都の新規感染者数が1日あたり49人にまで減少したことなどに触れている。49人という数字は、感染者数がまだ少なかった昨年6月以来の低水準だ。

    世界的に感染者数はゆるやかに減少しているが、同紙はイギリスなど一部の国と地域はいまだ高い水準に苦しんでいると述べ、目覚ましい改善が見られる日本と対比している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/90555a85cf4fc1e5457e21be7208ec629ef994b9

    1
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1634615248/

    【【世界も注目コロナ激減の日本の謎】英国紙「コロナ激減の日本、凄すぎる」  1日の感染者 日本169人 英国49000人】の続きを読む

    1: 女性37人に救済制度を適用、医療費など支給へ 

     厚生労働省は13日、新型コロナウイルスワクチンを接種した後に急性アレルギー反応のアナフィラキシーなどの症状があった21~87歳の女性37人に対して、症状は接種が原因と認定し、医療費などを支給することを決めた。

     この日開かれた厚労省の有識者検討会で、救済制度の適用を求めた37人の審査が行われ、全員が認定された。同省は医療費の自己負担分と医療手当(月額3万5000~3万7000円)の給付手続きを進める。

     厚労省の副反応疑い報告によると、8月22日までの時点で、米ファイザー製のワクチンで国際基準に該当するアナフィラキシーは男性42人に対し女性は396人、米モデルナ製では男性7人に対し女性は18人と、女性の方が起きやすい傾向がある。

    読売新聞 9/13(月) 20:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210913-00050143-yom-hlth
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210913-00050143-yom-000-2-view.jpg



    【【ワクチン接種後死亡例にはふれず】アナフィラキシー、ワクチン接種が原因と認定…女性37人に救済制度を適用、医療費など支給へ】の続きを読む

    このページのトップヘ