クラスター速報

クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

    クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

    ラムダ株

    Opera スナップショット_2021-08-07_070559_www.google.com



    1: ラムダ株とっくに日本へ侵入 

    【【ラムダ株とっくに日本へ侵入】ラムダ株、首相報告は3週間後 - 7月に五輪関係者で判明 厚生労働省の言い訳がすごい】の続きを読む

    Opera スナップショット_2021-05-29_174153_www.google.com
    1: オリンピックが大事すぎて重大な情報を隠蔽してしまう。ラムダ株日本侵入

    特報・ラムダ株は日本で発見 東京五輪開催の3日前 (7月20日)厚労省が感染力の高いラムダ株を国内で初めて確認。海外の研究機関に報告した。 しかし公表はしなかった。の追及を受けて本日、厚労省はNHKに事実を認めたものの、五輪閉会後するまで発表するつもりはなかったという。


    【【隠蔽JAPAN】日本政府さん。オリンピックが大事すぎて重大な情報を隠蔽してしまう。ラムダ株日本侵入】の続きを読む

    332118ab4260dbeebcc0b64d1cfd225572948


    1: 大型新人 コロナウイルス変異ラムダ
    6月17日に世界保健機関(WHO)によって「関心のある変異株」として分類された、コロナウイルスのラムダ(C.37)変異体は、米国の一部の州と少なくとも29か国ですでに検出されています。

    2020年8月に確認されたペルーでは、ラムダ変異体が6月の新規感染の80%以上を占め、チリ、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、エクアドル、 メキシコでも急速に拡大しています。

    「これまでのところ、ラムダ変異体がより攻撃的であるという兆候は見られませんでした」と、WHOのウイルス学者JairoMendez-RicoはDWに語った。
    「より高い感染率を示す可能性はありますが、ガンマまたはデルタと比較するのに十分な信頼できるデータはまだありません。」

    アルファ(B.1.1.7)、ベータ(B.1.351) デルタ (B.1.617.2)、およびガンマ(P.1)も、WHOによって「懸念される変異株」として分類されています。
    分類は、それらがより伝染しやすく、治療がより困難であり、より深刻な病気につながる可能性があることを示しています。

    「可能ではあるが、現在、変異体がより危険であり、死亡率の増加につながるという兆候はない」とメンデスリコは述べた。
    「SARS-CoV-2は、その進化の過程でより伝染性になる可能性がありますが、必ずしもより大きなダメージを与えるとは限りません。」

    多くの科学者は、世界の人口の少なくとも80%がワクチン接種を受けるまで、コロナウイルスのパンデミックは終わらないと信じています。
    ラムダのようなバリアントは、それが達成されるまで出現し続ける可能性があります。


    28.07.2021
    https://translate.google.com/translate?sl=en&tl=ja&u=https://www.dw.com/en/coronavirus-lambda-variant-spreads-across-latin-america/a-58035249

    【【大型新人 コロナウイルス変異ラムダ】 新型「ラムダλ」登場 クレード 21G 29か国で デルタの次に来る変異株】の続きを読む

    このページのトップヘ