クラスター速報

クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

    コロナ不況

    1:showcase-1a0769443ab6a0949b046a20f5347342-20181107114949
    4月9日は16時時点で「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)が6件判明、全国で累計1257件(倒産1178件、弁護士一任・準備中79件)となった。
     月別では2020年9月以降、11月まで3カ月連続で100件超え。12月、1月は2カ月連続で100件を下回ったが90件台と高い水準で推移した。2月は月別最多の122件に達したが、3月はこれを上回る139件と、月間最多件数を更新。4月も9日までに前月を上回るペースの60件が判明した。
     なお、倒産集計の対象外となる負債1000万円未満の小規模倒産は累計59件判明。この結果、負債1000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計1316件となった。
     負債1000万円未満を含むコロナ関連破たんは2021年2月2日に累計1000件目が判明。その後も4月6日に早くも1300件を超え、発生ペースが加速している。
     感染者数の再拡大が懸念されるなか、政府は東京都などにも「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めた。飲食店への時短営業要請が継続し、事業回復の見通しに不透明感が漂う。休業していた企業の債務整理が進んでいるほか、感染の再拡大による息切れやあきらめ型の増加で、コロナ関連破たんはさらに増勢が強まる可能性が高まっている。

    4/9(金) 18:03
    https://news.yahoo.co.jp/articles/040f191ec8e274fc1535a7470c43f65c56b84166

    【【コロナ対策不況】コロナ破たん、4月は早くも60件に到達 増勢ペースで推移】の続きを読む

    Opera スナップショット_2021-04-10_093549_kaiten-heiten.com

    日本中の開店と閉店について情報を集めたサイト「閉店開店ドットコム」が閉店だらけになりました。
    コロナ不況はすぐそこに

    【「オリンピックどころじゃない」コロナ不況 閉店開店ドットコムが閉店だらけになる。】の続きを読む

    showcase-1a0769443ab6a0949b046a20f5347342-20181107114949


    1:コロナ破たん、4月は早くも60件に到達 増勢ペースで推移  
    4月9日は16時時点で「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)が6件判明、全国で累計1257件(倒産1178件、弁護士一任・準備中79件)となった。
     月別では2020年9月以降、11月まで3カ月連続で100件超え。12月、1月は2カ月連続で100件を下回ったが90件台と高い水準で推移した。2月は月別最多の122件に達したが、3月はこれを上回る139件と、月間最多件数を更新。4月も9日までに前月を上回るペースの60件が判明した。
     なお、倒産集計の対象外となる負債1000万円未満の小規模倒産は累計59件判明。この結果、負債1000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計1316件となった。
     負債1000万円未満を含むコロナ関連破たんは2021年2月2日に累計1000件目が判明。その後も4月6日に早くも1300件を超え、発生ペースが加速している。
     感染者数の再拡大が懸念されるなか、政府は東京都などにも「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めた。飲食店への時短営業要請が継続し、事業回復の見通しに不透明感が漂う。休業していた企業の債務整理が進んでいるほか、感染の再拡大による息切れやあきらめ型の増加で、コロナ関連破たんはさらに増勢が強まる可能性が高まっている。

    4/9(金) 18:03
    https://news.yahoo.co.jp/articles/040f191ec8e274fc1535a7470c43f65c56b84166

                   不況は終わらないのか・・・・ 【【コロナ対策不況】コロナ破たん、4月は早くも60件に到達 増勢ペースで推移】の続きを読む



    wana_money_man_boroboro
    1: バンダイナムコ、ゲーセン事業から撤退、コロナで集客見込めず→アメリカの話
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    米ゲームセンター事業撤退 バンダイナムコ、コロナで

    バンダイナムコホールディングスは1日、米国で展開するゲームセンター事業から
    撤退すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う来店客の減少が主な要因で、
    同業の3社に譲渡する。売却額は非公表。

    米国の現地法人が運営する直営店34店舗、直営大型店1店舗、商業施設への
    ゲーム機器設置事業が対象。3月31日に事業譲渡を予定している。

    厳しい市場環境が続いており、令和3年3月期の同事業の営業損益は13億円の
    赤字を見込んでいた。同社は構造改革費用として3年1~3月期に130億円の
    特別損失を計上する予定で、事業撤退に関わる一連の費用は織り込まれているという。
    https://www.sankei.com/economy/news/210301/ecn2103010008-n1.html

    【【悲報】 バンダイナムコ、ゲーセン事業から撤退、コロナで集客見込めず】の続きを読む

    1: 老舗ラーメン店の数々が窮地に…
    緊急事態宣言で時短営業が続くなか、客が来なくて頭を抱える店と、月180万円の協力金で潤う店で格差は広がった。もはや壊滅状態と言われる業界の明日はどっちだ。

    老舗ラーメン店の数々が窮地に…
    「2020年の1月から渋谷『肉横丁』に店舗をオープン後、コロナ騒ぎで2月以降の売り上げは50~10%以下に減りました。海外での店舗展開も中止になりました。解除後も、再オープンはしばらく様子を見ます」

    Opera スナップショット_2021-02-14_165142_www.google.com






     バブル期に一世を風靡した「なんでんかんでん」社長の川原浩史氏が嘆きの声を上げるのも頷ける。2020年一年間で倒産したラーメン店の数が46店(帝国データバンク)と、過去最多を更新。全国に名を轟かす有名チェーン店や老舗が次々と姿を消しているのだ。

    「『スガキヤ』(本社:愛知県中区)などのチェーン店は客が対面になるテーブル席が多く、感染リスクが高いと敬遠されがち。それが店舗減の原因のひとつです」

     こう語るのは、年間700杯以上のラーメンを食べ歩く“ラーメン官僚”ことラーメン評論家田中一明氏。では、老舗と呼ばれる名店の数々が窮地に立たされてしまったのはなぜか。

    「コロナで資金繰りが厳しかった店もあるが、その限りではない。例えば行列店の老舗『まる玉』の両国本店は、2020年の休業要請中に休業したまま閉店。コロナで気持ちが折れてしまったのでしょう。また、老舗店は店主がご高齢で、先の見えない2度目の緊急事態宣言を機に『そろそろ頃合いか?』という感覚で閉めるパターンもあります」

    新しい販路を開拓するチャンス

    「天下一品」は中野店限定で「手軽にこってりスープ」(税込み150円)を販売。人気の鶏がらベースのスープに刻みチャーシューと刻みネギを入れて提供している

     緊急事態宣言で時短営業が続くなか、客が来なくて頭を抱える店と、月180万円の協力金で潤う店で格差は広がった。もはや壊滅状態と言われる業界の明日はどっちだ。

    老舗ラーメン店の数々が窮地に…
    「2020年の1月から渋谷『肉横丁』に店舗をオープン後、コロナ騒ぎで2月以降の売り上げは50~10%以下に減りました。海外での店舗展開も中止になりました。解除後も、再オープンはしばらく様子を見ます」

     バブル期に一世を風靡した「なんでんかんでん」社長の川原浩史氏が嘆きの声を上げるのも頷ける。2020年一年間で倒産したラーメン店の数が46店(帝国データバンク)と、過去最多を更新。全国に名を轟かす有名チェーン店や老舗が次々と姿を消しているのだ。

    「『スガキヤ』(本社:愛知県中区)などのチェーン店は客が対面になるテーブル席が多く、感染リスクが高いと敬遠されがち。それが店舗減の原因のひとつです」

     こう語るのは、年間700杯以上のラーメンを食べ歩く“ラーメン官僚”ことラーメン評論家田中一明氏。では、老舗と呼ばれる名店の数々が窮地に立たされてしまったのはなぜか。

    「コロナで資金繰りが厳しかった店もあるが、その限りではない。例えば行列店の老舗『まる玉』の両国本店は、2020年の休業要請中に休業したまま閉店。コロナで気持ちが折れてしまったのでしょう。また、老舗店は店主がご高齢で、先の見えない2度目の緊急事態宣言を機に『そろそろ頃合いか?』という感覚で閉めるパターンもあります」

    新しい販路を開拓するチャンス
    「天下一品」は中野店限定で「手軽にこってりスープ」(税込み150円)を販売。人気の鶏がらベースのスープに刻みチャーシューと刻みネギを入れて提供している

     その一方で、新しい戦略を打ち出し、巻き返しを図るラーメン店も。大手チェーン「天下一品」常務の出路正弘氏は「中野店限定で『こってりスープ』の店頭販売を開始。これがTwitterで話題となり、遠方からも“天一ファン”が訪れるようになりました」と喜びの声を上げる。

     また、人気店「AFURI」では、テイクアウト・デリバリーを展開するほか、郊外店では「家族メニュー」「お子さまメニュー」を追加。ターゲットを広げることで集客を図っている。

    「チャーシューのテイクアウトやネット通販用のオリジナルメニューなど、ラーメン業界は今、新しい販路を開拓するチャンス」

     前出の田中氏がこうラーメン店の未来に期待を寄せるように、試行錯誤している店の中には、連日行列が絶えない繁盛店も出始めている。

    2/14(日) 8:47
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210214-00409851-bizspa-bus_all

    【【コロナ不況】コロナ不況でラーメン屋絶滅か⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ