1: オミクロンショック
感染症の専門家に聞くオミクロン株対策、1か月後の感染者数は320万人と予測


気になるオミクロン株の最新事情を感染症の専門家で、日本医師会のJMATの一員として「ダイヤモンドプリンセス」に乗船して医療支援をおこない、
誰よりも早くCOVID-19のクラスター予防と対策をおこなっている南毛利内科院長・内山順造先生にお話を聞いた。

オミクロン株は指数関数で拡散する


皆さん、ご存じのようにオミクロン株は従来株に比較して感染力が強いと言われています。突起状のスパイクタンパク質の約30個所が変異して、
人間の細胞とより結合しやすくなりました。オミクロン株が廊下を隔ていた人に感染したため、飛沫感染でなく空気感染することが分かりました。

これは、はしかに匹敵する感染力の強さです。地上最強と言ってもいいですね。具体的に言えば1人の感染者が20人の新たな感染者を作り出します。感染力は6日間持続します。

新型コロナが中国武漢で感染した時は12月ぐらいに感染者が見つかり、そこから2月後半で1000人を超え、その5日後に1万人、さらに4日後に2万人を超えました。
この頃は何も対策していなかったと思われますが、アウトブレクまで2ヶ月半から3ヵ月かかっています。1000人超えは現在の日本の状況と似ています。ここで対策しないとドカンと感染者が増えます。

インドで感染が始まったデルタ株は1000人超えまで1ヵ月掛かりましたが、そこから18日で10万人近くまでふくれ上がりました。
オミクロン株の場合は11月26日に南アフリカで発見され、数日後にはイギリスに上陸、12月19日に1万人超えています。

つまり、y=20のx乗という数式通りの増え方をしています。それから1週間でヨーロッパの感染者は14万人に増えました。
イギリスの場合は感染者対策をおこなっていたはずですが、感染者数を見ると効果がなかったと言えます。
もちろん、重症者数は減っているのでワクチンなどの効果があったと思われます。

冬になると湿度が下がりウイルスが空気中に留まりやすい環境になります。また暖房するため部屋を密閉して、人間も部屋にこもりがちになります。
インフルエンザの例では感染者が最も増えるのは11月から1月に掛けてです。そこで、我々のできる対策は、まず部屋の加湿。

加湿器を使って湿度を50~60%に保てば翌日にはウイルスは空気中から落ちます。部屋中をアルコール消毒するよりも、加湿の方が効果的です。

外出時にはマスクをすると思いますが、これは鼻の部分に隙間がないことが重要です。空気感染を防ぐために医師が使っているのが「N95マスク」です。
N95規格とは0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることを意味します。このマスクをして息を吸ったときにマスクがペコッとへこめば大丈夫です。

普段しているマスクがペコペコしない場合は隙間があって効果がないと言えます。
N95マスクは、非常に呼吸がしにくくなるので常時使用には向いていませんが、混雑した電車内など感染リスクの高い時には有効です。
また、マスクは感染者がしている方がリスクを減らせるので、無症状で感染している可能性がある若い人にマスクの装着をお願いしたいですね。

最終的には三密を避けることに尽きるで、色々な場所から電車なのどの交通機関を使って人が集まる会社は感染リスクが高まります。今すぐにリモートワークにするべきです。

オミクロン株は重症化しにくいと言われていますが、ウイルスは弱毒化すると感染者が活発に活動できるので感染力が高まります。

SARSやMERSは毒性が強すぎて、ほとんど感染が広がらずに終息しました。オミクロン株は確かに重症化率は1/3になりますが、3倍感染したら同じ事です。
https://dime.jp/genre/1298755/

https://dime.jp/genre/files/2022/01/COV003-770x576.jpg
https://dime.jp/genre/files/2022/01/COV005-770x579.jpg
https://dime.jp/genre/files/2022/01/COV004-770x577.jpg


最新のコロナ情報は【人気ブログランキングへ】


最新のコロナ情報は【人気ブログランキングへ】

5:
>>1
それくらいになればさすがに5類に落として扱うしかないだろうな
むしろそれを待ちたいわ

40:
>>5
そんな事したら地方の健康保険組合は破産するし、検査に4万、薬に8万とかになって払えない貧乏人が病院行かなくなって死亡者が増えない?

141:
>>40
5類ならインフルエンザ相当だから当然合わせて見直しするだろう

18:
>>1
・感染者数320万人
・死亡者数10人

がオミクロンのオチwww

医療マフィアに乗せられて騒いでる奴らバカジャネーノ??

490:
>>18
のわけねーだろボケ
死亡者重症者は時間差があるんだよ。
すぐに重症ってどんなアホだよ。

537:
>>490
オミクロンは潜伏期間も短いしそうした時間差は小さくなるだろうな

938:
>>537
その上デルタと合体しちゃったしね

32:
>>1
2022/1/11 ブースター接種の繰り返し、免疫系に悪影響の恐れ EU当局が警告
www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-11/R5K5LCT0G1KZ01
欧州連合(EU)の医薬品規制当局は11日、
新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種を頻繁に行うと免疫系に悪影響を及ぼす恐れがあると警告した
ブースター接種についてEMAでワクチン戦略などの責任者を務めるマルコ・カバレリ氏は
「一度や二度ならともかく、何度も繰り返すべきと考えるものではない」

47:
>>1
外れたら土下座な

83:
>>1
従来株って今のより断然感染力低かったんだね
この時に抑え込めてればと悔やまれる
春節大拡散さえなければなあ

104:
>>1
「同じこと」じゃねーよw
だったらますます風邪やインフルエンザと同じに
なるだろ(笑)風邪やインフルエンザが流行れば
2類以上で扱うのかよどアホw

何がなんでも、コロナ騒ぎを終わらせたくない
んだな。

169:
>>130
ちなみに俺は、何年も前にひいた普通の風邪で、咳喘息と副鼻腔炎の後遺症が残ってるよ。

111:
>>1
指数関数なら一ヶ月後は地球全人口より多くならないか???

245:
>>2
>>111
1ヶ月後に320万はともかく、感染症はずっと指数関数だぞ
R0が1を下回って減ってるときも指数関数

214:
>>1
感染症の専門家(笑)

311:
>>1
「感染者数だけ」の話は傾聴に値しない。

同時に発症率と重症化率、死亡にいたる率と現在の死亡者数も解説して
危険度、警戒度の高低の解説しろよ、専門家なら。

389:
>>1
>オミクロン株は指数関数で拡散する

指数関数にも色々あるわけですけど、倍々ゲームという意味での指数関数であるなら、
感染はあっという間に広がってあっという間に収束するってことになるような気がします。

552:
>>549
「COVID-19」が米国とイスラエルが共同開発した生物化学兵器と思われる理由:
①時系列的に考えて、2019年の米中貿易戦争で中華人民共和国が有利な条件を獲得し、2020年の春節のタイミングでパンデミック化している事から
 全責任を中華人民共和国に転嫁しやすい感染症とされている。
 「COVID-19」により、米国民主党はドナルド・トランプの在任中の成果を全て破壊し、最終的にはトランプ支持派に連邦議会襲撃まで実行させ、
 78歳の高齢で、能力的にも劣り、実子がウクライナ疑惑の容疑者であるにも関わらず、ジョー・バイデンが2020年米国大統領選挙で当選を果た
 している。

553:
>>552
②世界保健機関(WHO)の国際調査団の中国湖北省武漢での調査結果で中国由来のウィルスでない事は確定:
関連する報道:
2020/11/17
 イタリアの新型コロナ感染、昨年から始まった可能性=研究
 イタリアの国立がん研究所(INT)は、同国では新型コロナウイルスが昨年9月時点ですでに循環していたとの研究を発表。新型コロナの感染が
 当初考えられていたよりも早い時期に、中国国外で拡大していた可能性が示唆されたとの事。

555:
>>553
③米国の権力層のドナルド・トランプ、ジョー・バイデン共に積極的に大統領選挙の街頭活動を行ったが、世界最大の感染大国の米国であるにも
 関わらず、また高齢のドナルド・トランプが「COVID-19」に感染したと吹聴している物の、重症化する事もなく、何等かの治療方法などを知っ
 ているからとしか思えず、大統領選挙で、ジョー・バイデンが当選確実と同時に、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウ
 イルスワクチンが、接種可能な状態になっている。
 米ファイザーと独ビオンテックはトランプ政権のワクチン開発の「ワープ・スピード作戦」からは距離を置いて開発を進めてきたとの事。

557:
>>555
④米国で生物化学兵器の研究開発を行うフォート・デトリック研究所は、2019年にCDC(米国予防管理センター)から、廃水の除染に十分なシステ
 ムを備えていないと指摘され、数カ月間の間、閉鎖されていたとの事。

558:
>>557
⑤米国立衛生研究所(NIH)の資金提供を得て、重症急性呼吸器症候群(SARS)を武漢ウイルス研究所で研究し、「SARSの機能獲得実験」で、コウ
 モリのウイルスと結合させた人に感染する「人工ウイルス」を開発し、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長のアンソニー・ファウチ、
 スクリップス研究所の免疫学者のクリスチャン・アンダーセンらが、2019年に新型コロナウィルスとして完成させた模様。

714:
>>1
後出しジャンケン
お偉いさん
年末前に言えよぉ

904:
>>902
南アは平均年齢29歳

英国は高止まりしているだけで下降してない、つーか死者数は増えてきていて1日400人弱死んでる

913:
>>904
最新のグラフは下降してるぞ英国

715:
>>3
反ワクたちがインフルエンザ大流行で大量死すると喚き散らしてたな

7:
ウイルスに限らず感染するものは指数的に増加する。

8:
なぜ秋に感染者が減ったのかわからない!(キリッ

37:
>>22
君はカゼが流行すると絶望するの?w

君はTVの見過ぎだからもうみるな。