クラスター速報

イベントや渋滞などをまとめるブログです。

クラスター(集団)に関する事件や話題をまとめるブログです。 新型コロナウイルス集団感染、渋滞、行列、混雑情報など。

【悲報】コロナ後遺症怖すぎる

1: haru ★ 2021/02/13(土) 00:57:17.65 ID:gCx/PCos9
新型コロナウイルスに感染した後、強いだるさや熱、呼吸苦などの症状に、長い間苦しむ人がいる。
いわゆる「コロナ後遺症」だ。医療機関が対応を始めている。

発熱当時にPCR検査を受けられず、患者と認められなかった人の中にも「後遺症」で苦しむ人がいる。

東京都内に住む20代の女性は毎朝、目が覚めると枕元に何十本もの毛が落ちているのに気づく。
全身がだるく、少し外出しただけで息が上がる。数日ごとに微熱が出て、1日のほとんどを寝て過ごす日もある。
「7カ月間、ずっとこの生活の繰り返し。もう慣れてすらきた」と自嘲気味に話す。

最初に異変があったのは昨年の7月下旬だった。動悸(どうき)やめまいを感じ、38度台の熱が出た。
数日前に訪れた病院で集団感染が発覚。「感染したんだ」と直感した。

当時暮らしていた京都府内の保健所や病院に何度も相談したが、「新型コロナの症状ではない」「肺炎の兆候はみられない」
などと言われ、PCR検査は受けさせてもらえなかった。自宅で様子をみていたが、38度台の熱が続き、体調も悪化。
8月中旬にはけいれんと呼吸困難で意識を失い、救急搬送された。

市販の抗体検査のキットで10月に陽性反応が出たため、後遺症に詳しい東京都内のクリニックを受診。
そこで初めて、自身の症状が新型コロナの後遺症だったと診断された。
「コロナの症状はまだ分からないことが多い。何の症状かも分からずに、ただ1人で過ごすのは本当につらかった」

女性は京都大の大学院生だ。入学前は団体職員として働いていたが、過眠症を抱える自身の体験などから、
「難病患者らに適切な治療が届くシステムを作りたい」と勉強を続けてきた。

しかし、昨夏以降はパソコン画面を見ることもできないほど体力が落ち、オンライン授業も一度も受けられなかった。
修了に必要な単位も研究も足らず、学校からは「留年するしかない」と告げられた。一方で、PCR検査による
感染確認ができなかったため、医療費は自己負担に。アルバイトもできず、学費のための数十万円の貯金はすぐに底をついた。

休学して治療を続けているが、回復の見通しはたっていない。復学するか退学するか決めかねたまま、就職活動を始めている。
ただし新型コロナの影響で景気は落ち込み、求人は少ないという。脱毛を隠すため、普段はニット帽をかぶっている。
ようやくこぎ着けた面接も、頭髪を気にした採用担当者から「元気になったら来てね」と言われ、不採用となった。

「この1年で失ったものが多すぎるけど、怒りやむなしさを、誰にぶつけていいのかも分からない」。
悔しさを押し殺すように語った。「コロナの後遺症が病気としてもっと社会に認められてほしい」


2021年2月12日 6時00分
https://digital.asahi.com/articles/ASP2C5J9DP28ULBJ002.html

続きを読む

コロナ病棟の看護師さん。もう限界。

nurse2_2_shock
「もう辞めてもいいかな…」コロナ病棟、看護師の悲鳴。退職者は急増、家にも帰れず 続きを読む

【速報】 WHO調査団 「コロナは中国から始まった」 見解発表

1: お断り ★ 2021/02/12(金) 04:42:47.16 ID:9u+Vs5AR9
WHO調査団メンバー「コロナは中国から始まったと思う」
【ジャカルタ=一言剛之】中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスに関する現地調査を行った世界保健機関(WHO)国際調査団のメンバー、オーストラリア人研究者のドミニク・ドワイヤー氏は10日夜、
豪放送局ナインニュースのインタビューに対し、「新型コロナは中国から始まったと思う」とする見解を述べた。
2/11(木) 23:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/8201aec215a53a381daeeb298fa5933ac1c11beb

続きを読む

【病院クラスター】大阪・急性期総合センターにてクラスター感染発生!拡大中!!

Opera スナップショット_2021-02-11_145334_www.gh.opho.jp


続きを読む

【WHO武漢調査兵団】武漢調査終了→驚きの結果に



1:  2021/02/09(火) 20:29:55.54 
【武漢(中国湖北省)=吉岡みゆき】新型コロナウイルスの感染拡大の経緯や発生源を調べる目的で中国・武漢市入りしている世界保健機関(WHO)の国際調査団は9日、現地調査を終え、市内で結果を報告する記者会見を行った。

調査団のリーダー役で感染症専門家のピーター・ベン・エンバレク氏は、「武漢で採取された新型コロナの遺伝子配列は、コウモリのものと高い相関性がある。今後、中国の近隣諸国などでもコウモリのサンプルをさらに調べる必要がある」と述べた。

また、初期に感染者が集中した「華南海鮮卸売市場」については、「冷凍の食品や海鮮などを販売しており、輸入食品などのサプライチェーン(供給網)をさらに研究する必要がある」と述べ、外国からウイルスが流入した可能性を排除しなかった。

米政府がウイルスの流出源である可能性を指摘した「中国科学院武漢ウイルス研究所」に関しては、「流出した可能性は極めて低い」と指摘した。

調査団は1月29日から本格的な現地調査を始め、華南海鮮卸売市場や武漢ウイルス研究所を訪問し、関係者などから聞き取りを行った。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20210209-OYT1T50199/

続きを読む
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
タグ絞り込み検索
タグクラウド